NISAの口座、メガバンクで作っちゃったんだけど、手数料が高いからネット証券に変えたいけど……変えられるのかなぁ

いくつかの条件がありますが、変えられますよ!お伝えしますね!

NISAの口座はメガバンクからネット証券に移行することができる!

メガバンクでNISA口座を開設して、のちにネット証券会社に移せるか不安になるとは思います。
実際私も何もわからずNISAをメガバンクで開設し、様々な理由からネット証券に移しました。ご安心ください。
NISAの口座はメガバンクからネット銀行に移すことができます。
ただし、その年分の枠を一度でも使用していると、その年は新たな金融機関への移管はできません
ここが注意点ですね。

その年にまだ利用していない場合、現在利用している金融機関で変更手続きを行います。

その際は「非課税管理勘定廃止通知書」の交付を受けてくださいね。
NISA・つみたてNISAに残高がない場合は「非課税口座廃止通知書」の交付を受けます。

用意するもの(※みずほ銀行の場合)
・投資信託口座の取引印鑑
・マイナンバー告知のための確認書類

以上です。
意外と簡単にできますね。

後日、非課税管理勘定廃止通知書もしくは非課税口座廃止通知書が届いたら、
それを新たな金融機関に提出します。

尚、申請してから通知書が届くまでおおむね2週間ほどを見ておいた方がいいです。

新しい金融機関は、税務署に申請し、その許可が下りたらNISAが開設されます。

ここまでがNISAの口座を移す(移管)する方法でした。

まとめ

メガバンクの投資信託は扱っている商品の数が少ないので選択肢がなくなってしまいます。

せっかくの機会としてNISA口座を開設したのなら、様々な商品に触れた方が勉強になります。

また、メガバンクは手数料がとても高いことでも知られていますね。
10万円以下の取引でもネット証券との差が2000円以上になる場合も。

メガバンクで投資信託を続けるメリットとデメリットをしっかりと理解し、
ネット証券に移るかどうかをしっかりと見極めてくださいね。

もし移管する場合は、移行先で投資信託のキャンペーンがやっていないかなども比較しておくとよいでしょう。

キャンペーンによっては移管する金額に応じてプレゼント〇万円なんてこともあります。
そこは前もって調べましょう。例として「投資信託 移管 キャンペーン」などで調べるとよいですよ。

手数料のことも最初はわからなかったし、今思えば勉強料だと思っています。
賢く生きることが、損をしない生き方ですね!

みなさんも、メガバンクかネット証券にするか、よく吟味してみてくださいね。