カレカレビーチ

日本のビーチとは異なる砂や海水を持つニュージーランド。南島のクライストチャーチに留学した際はカイコウラというところに行ったけれども、そことはまた違う!

カイコウラは野生のアザラシを間近で見られる体験が出来ますが、カレカレビーチは…なんというか、ザ・海と山!という感じです。ニュージーランドらしいですね。

こーんなかんじ!
ニュージーランドの大学に留学していたとき、環境の授業で習ったのは、ニュージーランドの海は透き通っていない、ということでした。透き通っている海というのは、小さな生き物は海藻から栄養を採っているそうです。一方で、ニュージーランドの海は海水自体にプランクトン等の微生物がたくさんいるそうで、そのために海水が透き通っていないとのことでした。

ということは、東京湾が透き通っていないのは…?汚染もありそうなイメージがありますが…^^;

映画「Piano」に出てきそうな雄大な自然…鬱蒼とした緑がニュージーランドの自然のダイナミックさを物語っています。

自然を壊さないように靴底の土を落とします。このような自然への配慮がニュージーランドらしいです。

カレカレビーチとピハビーチの砂浜が黒いのは、砂の中に鉄が含まれているからだそうです。海外の砂浜と言ったらサラサラとして白くて…というイメージですが、ニュージーランドは見事に黒い!

しかし、太陽の光に反射して、歩くたびにキラキラと綺麗に輝くのが醍醐味です!これだけの広い海岸で歩いていてゴーっという風、キラキラ光る砂浜、青い空、東京湾よりも元気な波…雄大な自然そのものです。

カレカレビーチとピハビーチにはいくつもトレッキングコースがあるため、訪れる際はしっかりと歩けるトレッキング用の靴で行くことをお勧めします。

また、ビーチは15分おきに天気が変わります。スコールが降って青い空が見える…15分おきに繰り返します。しっかりとレインコートを持っていきましょう。

また、何より面白かったのは、電波が入らないことですかね。ピハビーチに行く途中から電波が入らなくなり、運転手に聞くと「ここら辺に住んでいる人はネットもない環境で暮らしているんだ!最高だろ?」と。その感覚もすごい…

水面に映る空!これはウユニではなく、ニュージーランドですよ!

ぜひ皆さんも訪れてみてくださいね!

おそらくピハビーチまでは車でないといけないと思います。タクシーを使うよりも現地のツアーに申し込む方が有意義に過ごせます。ニュージーランドのいろんなことを知っている、Mikeという方が案内してくれますよ。

私が利用したのは、Trippyという会社で、まだMike一人で運営しているとのこと。TrippyのURL

管理人みゆが参加した日も、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの方がほとんどでした。

色んな文化を知ったり、同じような価値観、自然を知りたいとか、交流が好きとか…そういった方々にこのツアーをお勧めします。

楽しい一日を過ごせて大満足でした!