こんにちは。コロナの影響をメンタル面で受けていたらいつの間にか21日になってしまいました。
テレビでも自粛のことばかりやっているし、今度は自粛していない人たちに怒りがわく人々もいるし。
私も医療関係者やスーパーの店員さんや物流にかかわる人々の、人のために命を懸けてくれているという気持ちから自粛をしているため、外を出歩いてる集団を見ると不快だなって思ってしまいます。

でも、そこは心を優しく、そして強く持たなければならないので、いまはじっと耐えていようと思いました。
今日は保険のお話もあります。

今週の家計簿

三週目はヤケドで手が動かせず実家に帰っていたので、
ほとんど出費がなかったような気がします。(医療費は先週かかったけれど)

保険2万円
本500円
サーバーなどのお金一万五千円

計36000円くらい

クレジットカード履歴に反映されてはいませんが、これに2000円くらい食費が追加だと思います。
おおー!優秀ですね!いや、実家にいたからなんですけど。
実家にいても手が動かせなかったので何もしませんでした。(私は三十路です)

保険:3月に加入して、初めての支払いに二か月分になるらしいです。しかし、保険には合計で3つ入っているから、ほかの保険の出費も痛い。でも貯蓄になる保険なので、それは後で書きますね。

:メルカリで購入した資格の本です。何となくこの本で流れをつかんでから2020年度のものを(古本で)購入したいと思います。自分に合っている資格かどうかもわからなかったので購入してみました。
資格も、新しいものを取得しなきゃなーと思いつつ、何を取りたいかとか必要とかよくわからないので、いろんなものに触れてみよう作戦です。

サーバー代:1年分。契約だけしてさまよって早一年ということか。なんとも紆余曲折。

実はこのブログお恥ずかしいことに、このブログは何度も書いては消してを繰り返してたり、放置していたり方向性が見つからなかったんですよね。
じゃあ今は書きたいことがあるのかと聞かれたら、書くことは好きなんだけれ日記以外を書いたことはないし、セルフブランディングも苦手です。

ブログの書き方とかも学んでいきたいですね。ブログは、ただの趣味です。吐き出すことが、好きなんです。

結婚して子どもが欲しいアラサー女性は貯蓄型保険に入ると安心

今日は保険のお話をしたいと思います。
私は今の恋人と出会うまでは一生独身でいると思ったので、掛け捨ての安い保険に入っていたのです。資産を残す必要がないから、入院費だけまかなうやつですね。

でも結婚して子どもも欲しい女性は入院保険と死亡保険とちらも加入しておいた方が無難です。
私は入院保険が4000円ほど、死亡保険は1万円かかっています。
それぞれ途中解約もできるので、「子どもが大学に入学したら解約しよう」なんて手もあります。
もちろん元本保証ではないので、丸々戻ってくるわけではないです。
死亡保険の方を計算すると、1か月1万円として65歳までで420万円支払うことになります。
あくまでもファイナンシャルプランナーが私のために計算したプランではありますが、景気がいいと65歳で満期になると1100万円ほどがおりる仕組みになっているので、ある意味で年金生活の足しになるのです。
年金だって本当に支給されるのか不安な私たちの時代、少しでも暮らしやすくしておく手は他にないと思います。
繰り返しですが、元本保証ではありません。ただ、1万円を無駄に使うよりも、自動的に貯めておくという仕組みづくりをしてあげると良いと思います。

これらの情報は全てファイナンシャルプランナーに教わったことですので、気になった方がいたらネットでファイナンシャルプランナーに相談してみるのも一つの手だと思います。

四月第三週まとめ

実家のおかげで食費は浮きました。その分食費代は収めたのですが、それはカウントしていません。

それにしても、保険代が2か月分まとまると結構痛い気がします。繰り返しますが、これは貯蓄のひとつなので…いいんです。言い聞かせる。