こんにちは

コロナで時代の変化を感じています。
東日本大震災の時は日本だけの問題でしたが、世界的に抱える問題となったウィルス。
本当に転換期にいるので、自分のこれからを考えるにはナイスタイミングだと思います!

私の話ですが、転勤の話がありまして、転勤しない選択肢をとるとしたら退職かなーというところです。
一昨日エージェントに申し込んだのに、既に面談設定のためにスピーディーに動いてくれています。

自分にはスキルがあって今の仕事が好きだ!とはち切れんばかりの愛情を仕事に注いでいる方がいたら、今の仕事をぜひ続けて欲しいです。

そうではない!自分は今すぐ転職がしたい!でもスキルがないんだ!
という方。ちょっと待ってください。今日はそういう方のためのお話なのです。

装飾

IT業界はコロナにも強い

コロナの影響で飲食業界や接客業界……どの業界も火の車ですよね。
医療従事者やスーパーの店員さんなどの職業の人は労働者として命を危険にさらさなければなりません。

そんな中でIT業界はいち早くリモートワークを実践しました。
そもそも仕事自体がパソコン一つあれば問題ないものばかりだからです。

私も会社から今日からは在宅か出社かどちらか選ぶことができます、といったアナウンスが入ったその日にノートパソコン一台持ち帰り、かれこれ2.5か月ほど在宅をしています。

私より1か月ほど早く在宅勤務になった友人も大勢います。

しかも、仕事量はコロナだろうが平常運行

BtoBの企業で、取引先もIT企業だからか、特に成績にも問題が出ませんでした。

しかも、これからますます医療の分野にもITが取り入れられたりもするので、伸びる分野であると思います。

アラサーで未経験でもはじめられる職種がある

私がIT未経験だったり、ましてや事務経験もないです–という方におススメしたいのが、

ヘルプデスク

という職種です。簡単に言うと問い合わせ窓口なのですが、サーバーに不具合が起こったとか、パソコンのセットアップの仕方とか、大手企業だったら社内SEがそういう仕事をしているのではないかと思います。

この職種って一見パソコンに対する知識が豊富でなければ務まらないように感じると思います。

しかし、実際は「相手がどの時点でつまづいているのか」を正確に追及する能力に長けているひとが活躍するんですよね。

相手も「わからない、どうしよう…」といった不安や焦りを抱えながら問い合わせをしてくるので、何がわからないか分からない状態の人がいることもしばしば。
そういう人に対して、しっかりとヒアリングをし、解決に導くコミュニケーション能力が求められるお仕事なのです。

なので、前職が事務未経験だったとしても、一般的なパソコンスキルを持っていれば問題はありません。
IT未経験だったとしても、求人は沢山あります。

ステップアップで技術的なことを学ぶ人も

ヘルプデスクとして活躍し、プログラミング等もっと技術的なことを学んでいきたい、そう思う人も多いようです。

実際に、今私もプログラミングの勉強や社内資格(クラウド関連の仕事のため他社でも通用する資格)を取得しています。

こうして違う職種にステップアップすることもできますし、ヘルプデスクとしてリーダーやマネージャーを目指していくことも可能です。

私も現在クラウド関連の仕事をしていますが、内定をもらった時は「クラウドって、写真とかを共有できるやつですかね~ははは」とか言っていて、クラウドビジネスのことを何一つわかっていませんでした。

そして今も言葉で説明してみなさいと言われたら怪しいです。

そんな私でもヘルプデスクができているので、結局はITに関する知識は常識的な部分のみでOKです。

結局は自分が納得することが大事

転職するにしても、どんなに外部から熱く語られようと、自分が転職しようと思わなければ、転職先でもうまくいきません。これは何度か転職してきている私だから分かることです。

そして転職しない人がいるから会社が成り立っているのも事実。
ですが、我慢をする人がいるからブラック企業が蔓延るのも事実なのです。

もし、今の職場が、残業が多くこのままでは体を壊しそうだ、もっと家族やプライベートの時間が欲しい、お給料が低すぎる、等譲れない部分が仕事によって侵されているのなら、転職した方が幸せになれると思います。

あなたがいなくても、会社は成り立ちます。
でもプライベートの面ではあなたはあなた一人なのです。

転職だって今の時代アラサー世代なら何度だってしたっていいし、それでも納得できない環境なら自分で起業することだってできます。

我慢することが美徳な時代はもう終焉を迎えています。これからは健康的に元気に生きたいですよね!

ヘルプデスクは、こうした良好な環境が手に入りやすい職種です。

ご自身にスキルがないと感じるのなら、ITヘルプデスク、挑戦してみてください♪

ブログランキング・にほんブログ村へ