昨今、Emotional Intelligence(感情、心の知能指数)という言葉が流行しているように感じます。
特に外資系に勤めている方は、Emotional Intelligenceが上司からの評価の項目であることがおおいのではないでしょうか。

Emotional IntelligenceはEQ(Emotional Quotient)と略され、ちょうど知能指数のIQと同じようなニュアンスではあります。

IQは論理だてて答えを出す能力を測るものあり、これは成人してから経験を積んでも変わらないと言われています。

しかしながら、Emotional Intelligenceは、そのひとのIQがどうであれ、意識して変えていくことでImotional Intelligenceの面において高度な知性を身に着けることができます。
つまり、あなた自身で経験したことに対して、感情をスマートに表現することができるようになるということです。
そのスキルは、仕事だけではなく、周囲への共感力なども備えることができます。

なぜこのEmotional Intelliigenceがビジネスにおいてトレンド視されているのかーー。

それはEmotional Intelligenceが高ければ高いほどパフォーマンスや個人の達成、人間関係の構築に関わってくるからです。

Emotional Intelligenceの測定方法

Emotional Intelligenceを測定するのには主に4つの柱があります

1.自分の感情に気がつく
2.感情を表現する
3.感情をコントロールする
4.他者との関係において効果的に対応する

まずは、自分の感情を自覚することから始まります。
自分の感情に気がつかないと、どのステップにもいけません。

そして4つの範囲、というものもあります。

1.自覚すること
2.セルフマネジメント
3.社会的な認知
4.関係構築

1.2.に関しては自分自身、3.4.に関しては社会的なことです。
これらによって、Emotional Intelligenceは評価されます。

感情の作用

感情が湧き上がることによって、どのような作用が人に生まれるでしょうか。

人が感情を処理、表現するフローはこのようになっています。

Emotion> Response> Physical Symptoms (Sweat) > Fear > Anger > Sweaty Palms

ここで、例を挙げてみましょう。

山田君は人前で話すことが得意ではありません。特に、職場で同僚やマネージャーの前で話すは大の苦手です。そんな中、山田君はとても大きなミーティングでプレゼンしなくてはならなくなりました。

そんな時、山田君の内側はどうなっているでしょうか。

とても不快で、恐れを感じるようになりました。そんな中で自分だけスポットを浴びているような感覚になり、手には汗をかき心臓の鼓動は早くなります。そこで、感情が>怒りという気持ちに反応し>手に汗を掻く等の身体的な反応が起こります。

この状況がネガティブ、ポジティブ、どちらだったとしても、山田君がどう感じていたかが問題です。感情は、私達がどういった人間なのかを作り上げるコアになるものです。

しかしながら、他者は私達の感情を常に監視しているわけではありません。

そのため、人間関係を築くのにEmotional Intelligenceが必要なのです。

結果として、山田君はマネージャーにパフォーマンスする重要なチャンスを逃してしまったかも知れません。

思考の方法

考える方法には2つあります。
1.速く、感情的、直感的
2.ゆっくり、意図的、論理的

1.は日常的に使いやすい思考の方法です。
しかしながら、この方法は自分自身のバイアスがかかっていることが多々あります。
なので、感情を2のゆっくりとさせることで、効果的な感情処理ができます。

また、感情を受け入れることも重要です。
過去は変えられませんが、経験から未来を変えることは出来ます。良好な人間関係を築きたいなら、過去の姿勢を受け入れましょう。そして、あなたが未来ではどのような態度を取りたいか、考えましょう。

Event>Thoughts and Feeling> Responseの思考と気持ちに一時停止をかけることで、よりポジティブなリアクションをすることが出来ます。

2.時間をとってゆっくりとリアクションする

人はしばしば出来事があり、反応(態度)に現れる、と思いがちですが、出来事と反応の間には「思考と感情」があります。

つまり、出来事が起こったことが重要なのではなく、「あなたの思考、感情」が重要視されるのです。

例えば、鈴木さんが渋滞に巻き込まれたことを想像してみましょう。

鈴木さんは渋滞に巻き込まれたことにイライラし、クラクションを鳴らして周囲に怒りをぶつけました。

このように、渋滞に巻き込まれたことが問題なのではなく、「イライラしてしまった」ことにより、クラクションを鳴らした、ということです。

先程、お伝えした通り、重要なステップとして

1.自分の感情に気がつく、ということが重要です。

このスキルが無いと、感情をコントロールし他者と相互作用で良好な関係を築くことは出来ません。

このスキルを伸ばすには、自分の過去の経験を思い出し、「このとき思考を一時停止させ、ゆっくり考えることで、もっとこのような態度を取り反応するべきだった」とか「そうしたら、さらに良い結果になっていただろう」と分析していくことが重要です。

この時ノートに書き出してみることが最もいいでしょう。

「どのような出来ことが起こったか」

「その出来ことに対して、どのような気持ちになったか」

「あなたの感情は、どのようなものだったか」

「その出来事が起こった時、あなたはどのように考えていたか」

「どのように反応したか」

これを書き出していくことで、自分の中の思考が整理されます。

最近6ヶ月の中で出来事を3つ見るけるとよいでしょう。

重要なことは、自分の感情に思考をハイジャックされないことです。

思考がハイジャックされると、視野は狭まり、判断力が鈍ります。

感情が沸き起こってきたら、一時停止をするようにしましょう。

まとめ

Emotional Intelligenceは今日の流れではとても重要なスキルとなっています。

実際私も外資系に勤めているのですが上司との面談で「仕事の成績は申し分ないんだけどEmotional Intelligenceを磨くといいよ。このスキルがあれば、どの人とだって仕事をしていける」とのことです。

今までの会社で人間関係で嫌な思いをしたことってそんなにないのですが、そんな私ですら指摘されるくらいEmotional Intelligenceはトレンドのようです。

私は物事に対して主観的にみてしまう傾向があるのですが、会社のトレーニングによって、客観視することの重要性も理解できました。

例えば、部下がいつも共有する情報が遅れていたり、態度に問題があったりすると「上司の私をリスペクトしていないのか」「どうせまたやってこないのだろう」といった決めつけ、バイアス、主観が入ります。

それを全て客観視することで、自分の心の余裕を保ち、自分自身の仕事にも集中ができるのです。

Emotional Intelligenceを身に着けることは、仕事だけでなく、自分自身のQOLを高めることにもなりそうですね!

読んでくださってありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ