芥川賞を受賞し話題となった『コンビニ人間』。私も購入したは良いけど、読んでいなかった……読んでいなかった自分をぶん殴りたい気分です。

『コンビニ人間』のあらすじ

古倉恵子は36歳未婚。大学を卒業してから18年間、ずっとコンビニでアルバイトとして働いている。「いらっしゃいませー」ときっちり働く。

幼いころから人とは異なる感覚を持っていて、小鳥が死んだのを見て「これを食べよう」と母親に言うなど、周囲を困らせることがあった。

コンビニの仕事はマニュアルがあるので、恵子は得意だった。こういうふうに笑顔を作ればいい、レジを打つこと、コンビニに迷惑をかけるような客が来た時の対応……すべてがマニュアルになっている。

未婚であるため「結婚しないの?」と友人に聞かれれば、「身体が弱いから」と答える。それは、妹からそう答えればいいとアドバイスされたからである。

淡々と過ごしていた恵子の職場に、ある日白羽というバイトの男が新たに入ってきた。白羽は結婚相手を探すためにコンビニ店員になったのだという。
しかし、女性客の住所を写メに撮ったことによりアルバイトをクビになる。

職場の人は口々に白羽の悪口を言っていた。自分が普通じゃなくなったら、そのように排除されるのだろうなと恵子は感じた。

白羽はクビになってからもコンビニの周囲にいたため、恵子は声をかけた。そこで白羽が抱える「普通ではない人間は排除される世の中に対する苦しみと憤り」を知る。
恵子自身もコンビニバイトを18年間勤めていて処女の36歳だ。そこで恵子は、「結婚すれば、普通の毛皮をかぶれるのではないか」と考え白羽と共に暮らすことを決める。

白羽と暮らすことになり、周囲の人はついに恵子に恋人ができたと喜んだ。しかし、白羽の分の生活費も稼がなければならず、恵子はコンビニを辞めることになり——-……

感想

ダイバーシティの時代でありながら、誰しもが目指すのは「普通」であること。
でも、それぞれの人生には様々な価値観があり、その多様な価値観が(表向きは)認められつつある。しかし、本当に本人が納得して生きているのかは、また別の話なのである。

恵子はとにかく普通の人とは異なった感覚を持っている。大学を卒業後18年間アルバイトを続け、36歳、未だに恋愛経験もない処女だ。スペックだけでなく、お風呂の洗面器で夕飯を食べるなどコンビニの外はマニュアルがないためどのように過ごしたらいいのかわからないのだと思われる。

私の感想としては、恵子と白羽は共に似たようなスペック(まともな社会人経験がない、恋愛経験がない等)を持ちながら、対極にいると感じた。

普通ではない自分の生き方に納得している恵子と、常識人でもがき苦しむ白羽

アルバイトというポジションでありながら、ひとりで食べていける恵子は、人とは違う、普通ではないのだと周りの人からのリアクションで気づき、他人一線を置いているものの、自分の生き方が心地よく感じていると思われる表現が多かった。

一方で、白羽は自ら恋愛経験がないにもかかわらず、恵子のこと「処女だけど中古」と高圧的で感情に任せて言いたい放題だ。しかし、言っていることはいわゆる常識で「こうあるべき」の塊なのだ。しかし、常識に沿えない自分に苦しんでいる様子だ。

『コンビニ人間』を読み終えて

多くの書評がこの作品を「普通ということに対する問題定義」と語るが、私はそれは安直なように感じる。

私自身が様々な面でマイノリティな部分があるからか、この本は「納得して生きることの重要性」を語っているのだと思われる。

白羽と暮らすまでは、恵子の人生は幸せだった。コンビニで働き、夢の中でもコンビニで働いていた。満たされていた。しかし、白羽という常識にとらわれた「人生に納得していない人間」により、恵子の人生は壊されていく。

人生はマジョリティだろうがマイノリティだろうが、世間からの目がどうであろうが、「自分で納得した人生が幸せである」。そう語っているように感じた。

読んでいただき、ありがとうございました!


にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村