こんにちは、5月の第一週の家計簿(といっても実家ぐらしなのでお小遣い帳簿)を公開したいと思います。

5月第一週家計簿

交際費7900円 母と中華街へ
生活費6930円 ヘインズのTシャツ、母の日のプレゼントを含む。プレゼントはサステナブルなストローにしました。バーバ・パパのものです。
食費1987円 食費というより、おやつ代。ケーキなどは私が買う担当になっています(なんとなくそんな感じに)1回ケーキを買うと家族分を買わなければならないので、まとまった出費になります。

計16,817円

一人暮らしをしていたときより、随分出費がなくなりました。
緊急事態宣言等で、友達と遊ぶこともあまりなくなり、かつ恋人とも遠距離なので必然的にお金を使わなくなっています。

このまま実家に居座り出費を減らし、結婚式のお金を貯めたいと思います!

母と中華街へ行きました

GWは特にすることがなかったので、中華街へ行ってきました。

毎週やっている占いの番組を観ていたときに、母が占ってもらったことがないというので、中華街で手相占いをしてもらおうということになりました。

まずは腹ごしらえに萬珍樓に行きました。

ランチコースで3000円

中華料理ってこってりとしたイメージだったのですが、あっさりだったり優しい味で今まで食べてきた中華って何だったの…?と思ってしまいました。

あと、中華街って最近できたお店とかが多くて、食べ放題で1980-2980円くらいで客引きがすごかったりしますが、オーダー式で頼むので出来立てではあるものの、あまりクオリティが良くなかったり。なので、今回中華街行ったときも、小籠包だけ食べ歩きをしようかなーと思っていたくらいでした。

でも、萬珍樓は接客もつかず離れずで私好みでした。丁寧ではあるものの、フレンチと違ってかしこまりすぎてなく、呼べばすぐ来るけど、常に見張られている感じもなく、とても居心地が良かったです。

萬珍樓は元町・中華街駅から歩いて6-8分程度でした。

萬珍樓の予約はこちら

私は個人的におすすめなので、次回友達と行くときも萬珍樓を利用したいと思います。

手相を占ってもらってみた結果

中華街に行く女子の目的といえば、やっぱり手相占いだったりする……(私の周りだけ?)

私は特に占ってもらいたいことがなかったのですが、母が定年後は占い師でもやってみようかな…とか唐突に言い出したのです。しかも自分は占ってもらったこともないし、占いはそんなに信じている様子でもない。多分、人の悩みの相談とかに乗る、という意味で占いが出たのだろうとは思うのですが。

まぁ私が先に「起業してみても大丈夫かどうか」を占ってもらいました。
あなた、徳川家康と同じ手相だから単調な仕事をしているより波乱万丈な人生を送るみたいね。それに、人に使われるのは好きみたいじゃないから、企業もいいかもしれないわよ。とのこと。

もう少し、貯金ができるようになったら、企業も視野に入れてみようかな……企業は夢だったけれども、ある意味でただの自己顕示欲でそう思っているだけなんじゃないかなとは思いますが。

まだまだ毎月一定の金額をいただける会社員は抜け出せなさそう…いつか、の夢ということで、今は淡々と体を健康にすることと、結婚に向けて貯金あるのみ。

母は「あなた、百姓の手をしているわよ!働き者で優しいから、みんなが頼ってきてしまう。無理なことは時には断ることが必要」でした。

占い師さんは慣れていないのか、ちょっとドギマギしている部分があって頼りなかったのですが、母の性格はズバリと当てていました。そういうのって、手相に出てるってことなんですかね?不思議……

ただ、デスクワークでも百姓の手になるってことは、家事のやりすぎ=私が家事何も手伝ってない…ということでしょうか。ちょっと反省……

まぁ占ってもらった結果「お母さんは占い師は無理だわ!」と言っていました。

道端で道行く人に「そこのアナタ…占ってみましょう」という感じで占っている人を想像していたらしく、中華街のような、ビジネスとして成り立っているということに少し驚いてしまったようです。

まぁ、60代で職種を変えるということは、なかなか難しいこととは思いますが、娘としてはいつまでも何かに頑張っている人は素敵だと感じるので、頑張ってほしいです。

本人は、もう何もしないで猫と一緒に引きこもりたい…と言っていますが。気持ちはわかるけど、私は何かしないと逆にふにゃふにゃな人間になってしまうタイプなので、働かない、ということが健康のリスクにつながるような気がしてなりません。

引きこもってもいいから、どこかしらで家族以外の人と繋がりを持っていてほしいと思います。

【女性しごと応援テラス・東京しごとセンター】


人気ブログランキング